書籍「いかにして高次の世界を認識するか」

久々の投稿(;^ω^)

最近、難解な本を読んでますぅ。


中々スッキリと頭に入ってくれないのですが、

ほぉ!!そういうことをすればいいのね!(^_-)-☆

というような気付きもいっぱいある内容です。

著者であるルドルフ・シュタイナーさんの感覚が書かれてると思うので、

安易に解説的な内容は書けません。。。

なので以下、この本を読んで私が取り組み始めたことを書いてみようと思う。

廻りの世界で起こっている特定の事象。

それは、芽を吹き、成長し、繁茂する生命に関わる事象と、

しぼんだり、枯れたり、死滅したりすることに関する事象。

どちらも生命の営みを表すものであるが、

これらを観察していくことによって、

自らの感情と思考を育んでいくことができます。

何か特定の植物でもいいだろうし、ペットでもいいのだろうけど、

私の場合が畑に植えた野菜。

種から撒くことによって、土中から芽が出てぐんぐん成長する様を観察していきます。

意思を言葉で発することのない植物(野菜)との交流を図ることによって、

人が本来備えている(忘れている)思考や感情に辿り着けるのだと解釈しています。

もちろん成長ばかりでなく、枯れて朽ちていく様にも思いを寄せる必要があるのでしょう。

それが自然の営みだから。

しかも、これらのことはタイトルにある「高次の世界を認識するか」の前段階の訓練らしい。

まだまだ先が長いようであるが、何度も読み返してみたくなる本です。

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告(大)