桃栗三年(なんのこっちゃw)

オギャー!と生まれたばかりの頃って、当然ながら自我は目覚めてないですよね。

それでも本能というか原始反射というか、

生きていくために、何の疑いもなくオッパイを吸うってことが出来ちゃいます。

そのうち、自我が目覚め始めて(離乳食になる頃からかな?)

オギャー!(熱いのヤダよ~)

オッギャー!!(マズイのやだ!!)

のように自己表現するようになってきますね。

小さな赤ちゃんのうちは、それでも可愛がられますが

だんだん大きくなるに従い、

そんなことを言ってはいけません!(ピシッ!)

わがまま言わずに食べなさい!(ピシャリ!)

と言われてしまい、自分の思い通りにならない世界が表れてきます。

そして親からだけでなく、兄弟や友人など、

周りからの色んな影響によって、

現時点では自我と捉えている「自分」がいます。

私の場合はもう既に半世紀程も生きているので、

良いモノも悪いモノも含め他者からの影響(ご縁とも言えますけど)を

とても多く身にまとっています。

イメージするとこんな感じかもしれませんね。

果物、そうだな~、桃なんかをイメージしてみましょう。

桃の中心には種がありますが、その種が「本来の自分(魂)」だとしましょう。

成長するにしたがい果肉に覆われて大きくなっていきますね。

日の光をいっぱい浴びて、肥しも程よく与えられ(他者からの影響)

健やかに育ったならば、それこそ瑞々しく美味しい桃になることでしょう。

でも、ずっと日陰にあって、肥しも与えられなければどうでしょう・・・

残念ながら食べてもらえないような桃になってしまいますね(>_<)

桃のことについては詳しくはありませんが(^^;)

どちらの桃であっても、種の部分(人でいえば本質の魂)は変わらないのではないでしょうか?

たまたま育った環境によって、「今の自我」が形成されていますが、

本質はだれもが同じピカピカの魂をもっていると思うんです。

この部分だけは、年齢や環境などに左右されずに、

いつでもリセットできるんじゃないかとも思っています。

桃であっても、今年は美味しい桃にはなれなかったけど、

桃栗三年っていうから、三年後には新しい実をつけるかもしれません。

もっと自分の本質を意識してみるといいかもしれませんね。

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告(大)