もう異常気象とも言わないんだね

ここ数年来、春夏秋冬どの季節でも異常気象といわれる現象が起こってますね。

今夏も本来なら赤道辺りで発生するはずの台風が、太平洋沖で発生してみたり

台風10号が南下してみたりと、まぁなんとも不思議な現象が起こっています。

冬にしても昨シーズンは北陸においては、まったくと言っていいほど積雪もなく(平地はね)

とにかく年中、地球環境が安定していないという印象を持ってます。

そういえば、畑の雑草も今年は例年よりも成長が著しい・・・

そのため草刈り作業が大変なのである(>_<)

と、個人的なことはどうでもよくて・・・

地球温暖化の影響ってことをいう人もいるし、

太陽活動の影響ってことをいう人もいるし、(黒点が減って太陽活動が低下しているそうな)

どちらにして一個人がどうかできる問題ではないのだろう。

けれど、ではただ傍観してるしかないのかと言えば、そんなこともないような気もしてます。

今は夏だけど、この期間にクーラーの下に過ごした人はどれだけいるだろう?

日本人の場合、ほぼほぼ全員といって言いくらい該当するんじゃないだろうか?

そしてそんな生活が当たり前と感じている日本人。

思い返せば、我が家にクーラーが初めて設置されたのが、私が小学校に上がるかどうかという頃。

およそ40年程前のことだろう。高々40年前のことなのである。

その頃から、町には車も増え、工場も増えて、消費が活発になって先進国の仲間入り~!

今はそのような経過を、日本以外の別の地域、大陸で進行している真っ最中。

うん・・・地球規模で人間さまが、地球に負荷を掛けてきたっ!てことだよね(‘ω’)

その功罪の程は分からない。

我が家にクーラーがやってきた40年前から、生活は各段に便利になってきたことを実感しているから。

だけど炎天下の下、汗を流しながら草刈りをし、

休憩の合間に木陰で感じる涼やかな風の流れの気持ちよさは、

クーラー以上の爽やかさであることも知っているつもり。

もっと自然を感じる生き方をすることによって、

異常気象と呼ばれる現象も少なくなってくるんじゃないかなぁ、

と感じる今日この頃である。

なんてね(;^ω^)

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告(大)