どこに視線を向けるべきか

20代の頃、バイクに乗っていました。

自動車運転の場合は、

ハンドルを右に回せば車は右に曲がり、左に回せば左に曲がる。

ものすごく当然!笑

バイクの場合は体重移動によって、バイクを傾けて曲がるので

ハンドル操作で曲がるというのとは、ちと違う。

カーブの曲がりが大きければ、それだけバイクの傾斜角度も大きくしなくちゃいけない。

より地面に近づけるってことね。

スピードを出しすぎてカーブに侵入しようものなら、

バイクと地面を平行にしなきゃならんのじゃないかと思う程。(ありえんけどw)

そんな状況に陥ったらどうするか!?

カーブの出口に視線を合わせるんです!!

人って「怖い!」と思うと、ついつい手前、手先を見てしまうようですが、

カーブの出口という「目的地」に視線を合わせることによって、

体が自然をそれに合わせた体重移動をしてくれるようなんですね。

そこには何故だか理屈はありません。というか感じませんでした。

このことってバイクの運転に限らないみたいですね。

自分の人生の目的地、

或いはそんな大それたものじゃないにしても、

こうありたい、あれが欲しい、という「欲(良く)」であっても、

そのことを意識し続けることによって、

バイクでカーブを曲がる時のように、そこに到着するみたいですよ。

だから、こうありたい!という目的地は肯定的なものである必要があります。

マザーテレサはこう言ったそうです。

「私は反戦運動には行かないけど、平和運動には行くわ。」と。

反戦運動に意識を向けるということは、戦争反対!とはいうものの戦争を意識しています。

平和運動に意識を向けるということは、平和を意識しています。

どっちの目的地がいいかは、語るまでもないですよね、

まずは自分自身の「こうありたい!」を、肯定的なイメージで膨らませてみましょう!!

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告(大)